製品情報

 ホーム製品情報 > CD版そのまま使える失語症教材

 CD版そのまま使える失語症教材


製品名
CD版そのまま使える失語症教材2
製品データ
監修 鈴木 勉 宇野園子
定 価
8,000円(税込8,800円)
販売価格
7,600円(税込8,360円)
※予約販売受付中
2024年3月末発売予定です。



CD版そのまま使える失語症教材1』の第2弾です!
第1集に収めきれなかった教材や、もっと数を補充したい教材を中心に第2集を制作しました。
内容は「名詞の想起」「しりとり式呼称」「仮名シークワーズ」「情景画」「系列画」「文章読解」です。
印刷すればすぐに訓練に使うことができ、それぞれのニーズに合った最適な訓練の提供ができます。
詳しくは下記をご覧ください。
※現在ページの準備中です。掲載内容は予告なく変更になることありますので、ご了承ください。




名詞単語を想起する教材です。
一つのテーマからイメージを膨らませて多くの言葉を想起する課題「広げる想起」と、複数の言葉からその関連性やイメージをまとめ特定の言葉を想起する課題「まとめる想起」の2つで構成されています。さらに、それぞれ、同一カテゴリーと異なるカテゴリーで問題を作成しています。


単語の呼称と仮名書字の訓練教材です。前の単語の語尾の1音が、次の単語の語頭音になる「しりとり形式」で、それが喚語及び仮名書字の手助けになります。ゲーム的要素もあるので、楽しく行うことができます。


マスの仮名の中から、縦方向(↓)横方向(→)斜め向(→→)に、重ならずに書かれている単語を探す教材です


「そのまま使える失語症教材1」に含まれている10種類の情景画(「居間」「台所」「電車」「公園」「デイサービス」「交差点」「お花見」「海水浴」「お祭り」「雪遊び」)をさらに活用しやすくするために、これらの情景画を用いた4種類の課題、1.正誤問題、2.選択写字課題、3.文完成課題、4.間違い探しで構成されています。


系列画は、日常よく見かける場面を時系列に沿って4コマ画で表したものです。
日常生活の流れを順序立てて発信するための練習として、 私たちが経験しうるできごとを想定して作られています。
主に、「仕事」「医療」「学校」「日常生活」「季節」「余暇」の6つのテーマに沿って50の場面を設定しています。


文章の長さは、100字前後(50題)、200字前後(40題)、500字前後(30題)の3種類あります。
文章の内容について設問に答えたり、設問のない本文のみのページもあるので、仮名をふる練習や音読する練習にも使えます。



戻る 上へ