製品情報

 ホーム製品情報 > 異国に生きる カニングハム・久子 愛と魂の軌跡

 異国に生きる カニングハム・久子 愛と魂の軌跡


【著者講演会案内】
異国に生きる カニングハム・久子 愛と魂の軌跡』の著者
2018年度 カニングハム・久子氏 秋の来日講演会10月からスタート!
18日の東京を皮切りに、千葉・横浜・大阪・愛知・広島・佐賀・熊本・長崎で行われます。 カニングハム・久子先生の、子どもやご家族への温かな眼差しに触れ、アメリカの情報などを直接聴けるチャンスです。お近くの方は是非足を運んで下さい。

スケジュールPDF
それぞれの主催者様にお問い合わせ下さい。


書籍名
異国に生きる カニングハム・久子 愛と魂の軌跡
書籍データ
著者:久子・テレーズ・カニングハム
サイズ:A5判 256ページ
ISBN:978-4-900851-78-8
発売日:2015-10-01
価 格
1,620円(税込)
メール便・送料無料!
日本とアメリカの障害児教育に大きな橋を渡した
母なるコミュニケーション・セラピスト 初の自叙伝


「今の私」を創るために起きた出来事、出会った人たち。
深い苦しみや辛い経験の中でも、ずっと前を向いて歩いてきた生き方は、広く深い愛に変わる。
著者は『我・自閉症に生まれて』(学研 1994)の翻訳者、自閉症当事者の書籍を初めて日本に紹介し話題に!
毎年秋に来日し、全国各地で講演活動を行っています。

【プロフィール】
著者:久子・テレーズ・カニングハム
コミュニケーションセラピスト。

1934年 長崎県生まれ。
1958年 同志社女子大学卒業。
1967年 渡米。
1969年 ニューヨーク市立ハンター大学にて修士号(特殊教育)取得。
1972〜1996年、ニューヨーク医科大学教官を経て、ニューヨーク州ウェストチェスター郡立医療センター視聴覚臨床センター教育プログラム主任。
1982年〜2003年 SPEACニューヨーク臨床教育父母の会主催。
2003年〜2005年 第一福祉大学(太宰府市)教授。
現在 日・米教育関連機関の教育コンサルタント、長崎純心大学客員教授、日々輝学園高等学校(埼玉県)スーパーバイザー、アットマーク国際高等学校顧問。

全米精神遅滞研究協会地域最優秀臨床教育賞、外務大臣賞(日米教育交流促進)をはじめ国際貢献分野など各賞を受賞。
毎年来日し、自閉症、ADHD、学習障害などの発達障害に関して、また子育て・教育全般に渡るアドバイスの依頼を受け、全国各地で講演を行っている

『異国に生きる』の著者、カニングハム久子氏のインタビュー記事が、ニューヨーク市の在米日本人向け雑誌「ENJOY 3月号」に大きく取りあげられました。80歳も半ばを迎える氏の生きてきた足跡などは著書で触れていますが、氏は「生涯現役」でありたいと考え、自分磨きを怠らないと語っています。既に秋の来日講演も決まっています。

 記事ファイルのダウンロード(PDF 約2.3MB)

【目 次】 ▼(クリックで表示)

戻る 上へ